すべての子が安全で幸せな生活を送る権利がある PROTECT KIDS
TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A

一般財団法人 バリアフリーシステム開発財団

プロテクトキッズへようこそ
子供達の安全を願う先生方、地域のリーダー、防犯に関する指導を行なうアドバイザーそしてもちろん保護者の皆さんへ。 私達は、単なる防犯教育や自己防衛術指導のみを行うわけではありません。子供が成長する過程では、バランスが大切です。 自分で考え、強い心と優しい心を持った子供を育てる為のプログラムやセミナー、ワークショップを皆さんへ提供します。 『プロテクトキッズ』は、防犯教育と子育てと自己防衛を一体化したユニークなプログラムです。 詳しくはお問い合わせください。たった1回のミーティングで得る事も多いと思います。
実際に、プログラムを行なった園長先生からのコメントです
 子供達の成長は全てに勝って安全が第一でなければなりません。 とりわけ、少子化の日本の子供達は大切な大切な国の宝です。 わが子だけでなく小学校単位で、又地域ぐるみで安全に対する意 識を高める時代がやって来ています。インストラクターであるス ティーブ・ドノフリオさんの講義を是非、幼稚園や保育園、小学 校、中学校の先生方に、学ばれる事をお勧めします。 スティーブさんは犯罪の多いアメリカで17年間に渡り、子供達 から大人まで幅広い世代を対象に「自己防衛法」の指導を行なっ てこられた実績を持っておられます。日本人とは違ったユニーク な視点で鋭い真剣な実技が出来る事、想定されたシチュエーショ ンがはっきりと見える事など、保護者側も納得できる指導法は他 の誰からも学べないものです。当保育園では既に10回以上の講義 を受け、子供達への防犯指導に際して大きなヒントを得ています。 今日、日本には多くの外国人もやってきて、共に生活する時代になっています。平和な日本に暮らす私達には見えない部分も、外国の人の目から見ると不用心で甘い所がたくさん見えるようです。それらの話を聞くだけでも大いに学ぶ所があります。 これまで安全と思われていた学校が、近年は必ずしもそうとは言えなくなっています。 しかし、「学校の安全を守る事は重要だがそのやり方が分からない」というのが実状だと思います。これまで日本で行われてきた防犯教育の問題点として、防犯の素人による編集プログラム作成、守ることや教えることの難しさ、防犯指導にかける時間が無いまたは少ない、などが挙げられています。更に、危機に関する認識(危機感、責任感)と実状との間に大きなギャップがあることも問題の1つです。防犯の専門家による指導やアドバイスは非常に効果的です。 長野県 某保育園 園長
TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
セミナー概要
 ◆ プロテクトキッズの特徴 ◆ 子どもを狙う者のプロファイル ◆ 『わるたろうず』とは ◆ 「知らない人は危険」の問題点 ◆ なぜ、子どもとの関係が自己防衛の一部なのか ◆ 子どもの意識力を向上させる ◆ あなたの子どもの人格を形成する10の助言 学校その他グループへのセミナースケジューに関しましての詳細についてはお問い合わせください。
保護者の為のプロテクトキッズセミナー 子育ては、パズルの組み立てに似ています。 大人は時間をかけて忍耐強く子供を導く必要がありますが、スムーズに行かない事や繰り返し行わなければならない事などもあり、時にはストレスもたまります。 しかし、正しい方向へ導いた子供達は、正しい行動や考え方が出来る大人へと成長します。 子育てのプロセスは大変ですが、達成した後はとても美しい絵が出来上がります。どのように自分を守るのか、また安全と地域の一員としてどように行動するのか、という子供達への規範教育の両方を組み合わせ、自信のある優しい子供に育てるためのノウハウが詰まったセミナーです。
TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
先生、PTA保護者の方々へ
学校は開かれていて、しかも安全な場所でなければなりません。ですから、特殊なタイプのセキュリティが必要だと我々は考えています。 プロテクトキッズ教職員トレーニングとセキュリティ管理セミナー、ワークショップは各学校のニーズに合わせたユニークなプログラムです。 ほとんどの子供達は、多くの時間を学校で費やします。 そして、保護者や地域は学校が安全な場所である事を期待しています。 子供達は国の宝です。 学校を安全に維持し、子供達に安心して学習する場を与える事は、 学校の重要な責任です。 学校に従事する全てのスタッフは、生徒とお互いの安心感と安全に気を 配らなければなりません。 『いつも準備している』という事は『信頼できる学校である』という事の証しです。
チャイルドセーフ プロテクション プログラム プロテクトキッズプログラム(対象年齢4歳―9歳) 分かりやすく、教えやすい、子供セーフティプログラムの完全版 学校の為のセミナーとワークショップ 学校によってニーズと重点事項が異なりますので、各学校の事情に合わせた内容を用意します。詳細は御相談ください。 教職員の為のプロテクトキッズ 基本的なセキュリティセミナー ◆ 学校セキュリティ管理とは何か ◆ セキュリティの3P ◆ 学校のセキュリティ査定のノウハウ ◆ 犯行と犯罪のタイプ ◆ 子供へ自己防衛を教える (「知らない人は危険」と言う指導の問題点) ◆ 効果的な教職員訓練セッションのノウハウ 先生の為のプロテクトキッズと子供セーフティ プログラムワークショップ ◆ ワークショップ(半日) ◆ 先生の為の、襲撃者への対応準備のサポート ◆ 犯罪者のタイプ ◆ ストレスフルな状況下における緊急対応の理解と準備(戦うのか固まるのか) ◆ 道具(さすまた、ほうきなど)の使用の理解 プロテクトキッズ学校セキュリティ管理システム 学校、教育委員会の為のセキュリティ管理支援及び教育プログラム完全版

これらのプログラムについてのインフォメーションについては、こちらのフォームへ必要事項を記入の上、お問い合わせください。

TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
プロテクト・キッズチームの紹介
プログラム開発者&マスターインストラクター スティーブ・ドノフリオ Steve Donofrio

 セキュリティ管理学修士でありセキュリティコンサルタントでもあるドノフリオ・ステログラムを独自に開発・指導してきた。アメリカではポリスアカデミーで武術指導を行い、アメリカでの軍隊時代は湾岸戦争にも参加した経験も持つ。

現在は拠点を日本に移し、パーソナルフィットネストレーナーとしても活動している。また、韓国合気道ハプキドーの有段者として、護身術指導も行っている。子供自身の自己防衛や保護者への教え方などを盛り込んだ日本で唯一の「安全脱出法シリーズ」プログラムを独自に開発し、子供と保護者から教師までを対象としたワークショップ等を続けている。スティーブの豊富な経験や知識は、危機管理コンサルタントのCRISIS MANAGEMENT株式会社が日本企業の海外派遣者向けに実施している危機管理実地訓練の場でも存分に発揮されている。

学歴

1987年 ノーマンディル短期大学卒業 (応用社会学法律施行学専攻)

1994年 セントラルテキサス大学卒業 (犯罪裁判学で学位を取得)

2009年 アメリカンミリタリー大学 (セキュリティ管理学修士)

 

専門教育及び取得した免許状

1987年 ミネソタ州法律施行訓練学校卒業

1991年 ウィリアムズ犯罪裁判学学校テキサス州治安維持専攻卒業

2006年 OMNIInstitute School of Protective Sciences にてNon-Confrontational

            Protection (対立的ではない防衛理論)を取得

2006年 Ashworth Universityにてセキュリティスペシャリストプログラムを取得

 

アメリカンアーミースクール

Urban warfare trainers course

Combat first responder life saving course

初級指導者養成コースを卒業

アメリカ陸軍(1989~1993年)に所属し、1990~1991年、湾岸戦争に参加

 

軍隊受賞

軍隊功労賞(アーミーサービースリボン賞)

国家防衛功労メダル

南西アジア功労メダル(2つ星メダル)

クエート開放メダル

人道主義功労メダル

軍褒章メダル

軍功績メダル

優秀指導者メダル

専門格闘歩兵メダル

NCO(副将校プロディベロップメントリボン賞)

 

格闘技

柔道、空手、ハップキドウ、テコンドー、コンバット柔術、降伏戦(サブミッション・ファイティング)

レスリング、柔道、空手

マスターインストラクター 伴野 真理 Tomono Mari

子どもの為の誘拐犯からの安全脱出セミナーマスターインストラクター・元幼稚園教諭。

全ての人は、笑顔で自信を持って生活する権利があると言うポリシー持ち楽しく分かりやすいセミナーをモットーにする。

自身のDV の経験を生かしこのような問題に悩む多くの女性と接し、問題に悩む女性を支援する為に女性のエンパワーメントクラスのインストラクターとしても活動する。

アドバイザー  プロテクト・キッズでは、最善を尽くし最も効果的な最新で最高の質の高い教育を提供する事をお約束します。 私達は各専門分野で活躍するアドバイザーを持ち、各専門知識についてアドバイスを受けています。 ビジネス、リスク管理、セキュリティ、自衛、武道と健康、ウェルネスの分野での一流の専門家とかかわりを持っています。

金沢工業大学客員教授 産学連携室

武井 勲 先生

1944年、長野県生まれ。

1967年、東京外国語大学英米語学科卒業。東京海上火災保険株式会社入社。

米国ミネソタ大学大学院ビジネス・アドミニストレーション研究科博士課程留学(1972~75年)。MBA(経営学修士号)取得(74年)。米国保険会社のフェロー・執行役員、富山大学、青山学院大学教授、大阪大学(特任教授)の他、RIMS(リスク・マネジメント保険管理協会)の教育顧問(22年間)、月刊誌"Risk Management"編集アドバイサー(7年間)などを歴任。2002年4月、武井勲リスク・マネジメント研究所(TII)設立。リスク・マネジメント研究・教育分野のパイオニアとして活躍中。http://www.rmip.jp/

橋田 拓郎

Israel Military Industry Academy卒業

専門は、セキュリティ、リスクマネジメント、テロリスト・カウンターインテリジェンス VIP護衛。

現在、アップルジャパン株式会社のアジア太平洋地域のセキュリティマネージャー

GrandMaster James McMurray

黒帯9段、武道において50年以上の経験を持ち、House of Discipline Martial Arts Groupの創設者でありリーダー。

元特殊部隊U.Sレンジャー。戦闘地域で2つの連続したミッションを務めた戦闘インストラクター。狙撃兵の資格をもち(非武装の自衛エキスパート)軍と警察双方への自衛アドバイザー。

テキサス武道栄誉の殿堂入りをしている元兵士

Master Isaac Costley

ハップキドー黒帯6段

Calvary family martial arts & fitnessオーナー並びにチーフマスターインストラクター

Reality Life SkillsインストラクターKids Challengedインストラクター

(自閉症、アスペルガー症候群 など)www.cfmaf.com

Heather Costley

インストラクター、公認パーソナルトレーナーReality Life Skillsインストラクター

Kids Challengedインストラクター 公認マッサージセラピスト

リトルウォーリア チーフインストラクター(3歳から7歳)

TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
ギャラリー
メディア
TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
Q&A
プロテクトキッズは、子供だけのプログラムですか? A. いいえ、中学生、高校生、大学生、企業、地域向けのプログラムもあります。詳細については、お問い合せください。 よくある防犯教育プログラムと何が違うのですか? A. 日本では、子ども達を導く2つのグループがあります。1つは防犯教育を行うグループ、もう1つは子育てを教えるグループです。 残念ながらこの2つの教えは一致していません。子供を育てるグループでは、誰にでも礼儀正しく、困っている人を助けるようにと子 供達を導きます。素晴しい教えです。一方で防犯教育を指導するグループは、知らない人とは話さない、知らない人に関わらないよう に、と教えます。『プロテクトキッズ』では、親切に他人を助け、そして自分の身を安全に保つ事も同時に教えます。これが『プロテ クトキッズ』のユニークな点です。 プロテクトキッズは、なぜ知らない人は危険だと教えないのですか? A. 正に、このプログラムのユニークな点をついた素晴らしい質問です。ここで全てを答えるには長くなってしまいますので、大人の為の セミナーへ参加するか、セミナーを主催される事をお勧めします。こちらからお問い合せください。 これは、子供の自己防衛ですか? A. はいといいえの両方です。 もしも、この意味が、子供達が自分で自分を守る為に学ぶということでしたら、はいと言う答えです。 もしも、この意味が身体的な武術による戦いの方法という意味でしたらいいえと言う答えです。 なぜ、ウェヴサイト上で、プログラム内容の詳細についての 説明がないのですか? A. なぜなら、、危険な子供を狙う犯罪者は、インターネット上の防犯教育を時間をかけて研究しているので、色々な情報は犯罪者にとっ て効果的です。そこで、私達はセミナーへ参加していただいた方だけに直接、子供達を守る予防法や守る為のテクニックを教えます。 セミナーとワークショップはどのように異なるのですか? A. セミナーは、講義スタイルです。実際に身体を使った事は行いません。ワークショップは講義と実際にテクニックの体験をします。 セミナーやワークショップの参加人数に制限はありますか? A. 講義スタイルのセミナーでしたら制限はありません。部屋の収容人数に合わせてください。ワークショップは、1人1人に丁寧に楽し い時間を過ごして頂きたいと思いますので、小さなグループで行う事を勧めています。 学校やNPO、地域のグループでは予算が限られているので すが、価格の相談は出来ますか? A. 最低限の経費設定はありますが、はじめに御相談ください。各開催者の皆さんとできるだけ協力して最善を尽くしたいと思っておりま す。各ニーズにあった最も効果的なプログラムをつくる手助けをします。
TOP セミナー概要 プロフィール ギャラリー Q&A お問い合わせ
お問い合わせ

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

一般財団法人 バリアフリーシステム開発財団 東京都千代田区麹町4-5-10 TEL:03-5276-1234(代表)

© 2014 Protect Kids. 許可なく内容の転写、複製を禁じます